故郷の相続相談に必要な税理士はどこで選ぶか

遠く離れた故郷の相続問題については、せっかく不動産を相続できることになっても不必要なため処分して現金に替えて法定相続人で分配しなければならないことがあります。また、亡くなった親に借金がある場合は、何も知らずに相続するといわれのない借金を背負っていかなくてはならなくなります。

相談早めの対処が必要となるため、最も重要な問題となる相続税などについて相談できる税金のプロ、税理士を探さなければなりません。相続問題において最も煩わしく複雑なのが相続税の申告や納付に関する手続きです。財産の適正な評価や適正な税額など、素人ではわからないことばかりの連続となることでしょう。

故郷の不動産などを含む相続相談の場合に、必ずしも故郷の税理士に依頼しなければならないということはありません。法定相続人が故郷から遠く離れて生活をしている場合、実家近くの税理士を選任すると相談の度に実家に帰省しなければならなくなります。時間や交通費などが無駄になるため、法定相続人が直接コミュニケーションを取りやすい自宅の近隣で税理士を探すのがベストと言えるでしょう。急な照会案件や相談が必要となった場合であっても、自宅の近くであればそれほど時間を費やすことなく対応することができます。

故郷の相続相談を税理士にするメリットとは