故郷の相続相談を税理士にするメリットとは

相続問題については、弁護士、会計士、司法書士など相談窓口となる職種にはさまざまなものがあります。遺産分割協議が紛糾して相続人同士で取り分についての争いが生じ、審判などに発展する場合は弁護士が必要となりますが、そうでなければ高い費用を支払って弁護士に相談するまでもありません

相続税故郷の相続相談で最も大きな柱となるのは、やはり相続税に関する内容となります。相続した財産によって評価額が異なり、場合によっては相続税の申告が必要ないケースもあります。税理士は、税金のプロであり、無料相談で相続税の申告の必要があるかどうかをきちんと判断してくれます

相続税は所得税や法人税と違って、財産によっては思わぬ大きな額となることがあります。せっかく不動産を相続しても相続税が払いきれずに自宅を差し押さえられてしまうということも現実として起こっています。そんな際に、適正な相続税の算出だけでなく、節税対策までアドバイスしてくれるのが税理士であり、そのための豊富な知識と経験を持ち合わせています。また、相続税納付後の税務調査が入らないような対策や万が一入った際の適切な対処についても税理士が行ってくれます。遠く離れた故郷の相続相談で不安や懸念がある場合は、早期に税理士へ相談することがおすすめです。

参照リンク>>>相続相談依頼 / ソレイユ相続相談室