故郷の相続相談について

現代では進学や就職をきっかけとして故郷を出て、見知らぬ土地での暮らしにもすっかり慣れ、お盆やお正月の帰省ぐらいしか実家に顔を見せないという人も珍しくないでしょう。年々年を重ねる親の健康状態や実家の経済状態に関して日々疎くなってしまうのも仕方がないことかもしれません。自分の家庭を維持するのに精いっぱいというなかで、突然親の不幸の知らせに戸惑うこともあります

相続実家の財産の相続に関する知識が全くなければ、何をどのように相続するのか、相続税の申告が必要なのかなど、全く経験したことがない大きな壁にぶつかることになるでしょう。相続に関する手続きには全て期限が設けられており、早いものであれば、亡くなった後3ヵ月以内に申告しなければならないものもあります。

生前贈与をしていれば相続税を抑えることもできますが、それがなかった場合は早急に相続税の申告手続きなどに本腰を入れなければならなくなります。実家を離れて数十年ほどが経過していれば、財産の状況などを把握しているはずもなく、全てゼロからのスタートとなります。親が所有している土地や家屋の評価額や預貯金、借金などについて把握することから始めなければならず、相当の時間と労力が必要となることでしょう。そんなとき、遠く離れた故郷にある実家の相続問題に関して、身近で信頼のおける税理士に相続相談できたらどんなに心強いでしょうか。そんな故郷の相続相談に関する内容について説明します。

故郷の相続相談に必要な税理士はどこで選ぶか